インフルエンサーとは?改めて解説します

インフルエンサーとは
NEWS

インフルエンサーという言葉が2年くらい前から聞かれるようになり、今ではすっかりマーケティングにおいて欠かせない存在となりました。

インフルエンサーとはInfluence(=影響を与える)+er(人)の意味で、世間に大きな影響を与える人のことを指します。インフルエンサーの言葉自体は昔からあるもので、誕生した当時はブロガーという言葉の方が定着していたかもしれません。今ではブログ以外にもツイッターやInstagram、youtubeなど様々なSNSが誕生し、SNS上で影響力をもつ(=たくさんの人からフォローされている)人(正確に言えばアカウント保持者)をインフルエンサーと呼ぶようになりました。

インフルエンサーはその影響力から企業様の商品やサービスの広告塔となってPRする機会が増えてきています。特にフォロワーが多いインフルエンサーや、アクティブなフォロワーの率が多いインフルエンサーは各企業から引っ張りだこで、いわゆる売れっ子的な存在です。消費者が商品を知るきっかけがテレビCMなどのマスメディアからインターネットに移り、特に消費者が日々多くの時間を費やしているSNS上で商品を知るケースも多く、最近では商品名やモノのジャンルなどでハッシュタグ検索をかけるユーザーも増えてきています。このような潮流になると、SNSマーケティングが必須になってくるのは言うまでもありません。従来のリスティング広告やSEO対策だけでは不十分で、インフルエンサーの力を借りてSNS上で商品を効果的にPRしていかないと売上のボリュームを増やすことは難しくなっていくことが想定されます。

バナーではなく、人の力で商品をPRするインフルエンサーマーケティングは、SNSマーケティングの中心として今後拡大していくのは間違いないでしょう。

関連記事一覧