• HOME
  • HOME
  • NEWS
  • インフルエンサーマーケティングはこう変わっていく

インフルエンサーマーケティングはこう変わっていく

SNSマーケティングについて
NEWS

インフルエンサーマーケティングということばがマーケティング業界に浸透してまだ間もないですが、インフルエンサーマーケティングはあくまでもSNSマーケティングの一部分であると考えられる企業様が増えてきています。

インフルエンサーがPRに活用され始めた当時は、出稿側、提供側においてもノウハウがなく、どちらかというと”ばらまき”的な形で実施されるケースが多かったのですが、最近ではプラットフォーム側でも様々なツールの整備が進み、本腰を入れてSNSマーケティングを行っていくのに最適なフェーズになったのではないかと考えています。「ばらまいて終わり」ではなく、「ばらまきつつそれをどのようにコンバージョンに結びつけるか」を考えやすくなったとも言い換えられるかもしれません。

例えばIGTVのリリースで、長時間の動画がアップできるようになり、訴求力の高い動画が選択肢になった、あるいはShop Now機能で、販売ページにダイレクトに飛べるようになった、など特にInstagramにおいてはマーケティングツールとしてどんどん使いやすく進化しています。これはただ単にばらまきの土俵として捉えてしまうのは非常にもったいないことです。
インフルエンサーをマーケッターとして向かい入れる企業様も増えてきていますし、アンバサダーとして中長期的にブランディングに携わるケースも多く見られるようになりました。
もちろん、商品のフリークエンシーを増やす目的でインフルエンサーPRを実施するのも良いですが、今後はもっとマクロの視点で、「どのようにSNSマーケティングを成功させるか」という視点でマーケティングを行っていく必要があると言えます。

当社では、インフルエンサーのキャスティングにとどまらず、アカウントの運用や潜在顧客の分析も含め、「どのようにSNSマーケティングの効果を最大化するか」という視点で、企業様のSNSマーケティングをサポートさせて頂きます。

関連記事一覧