• HOME
  • HOME
  • BLOG
  • インフルエンサーになりたい!でもどうやったらなれるの?インフルエンサーに向いている人・向いていない人

インフルエンサーになりたい!でもどうやったらなれるの?インフルエンサーに向いている人・向いていない人

インフルエンサーになりたい人
BLOG

昨今、芸能人ではないが影響力のある存在として、インフルエンサーが話題になっています。中にはインフルエンサーとしての仕事だけで、生計を立てている方もいるくらいです。

「インフルエンサーになりたいけど、どうやったらなれるの?」
「インフルエンサーになるためには、まず何から始めたらいいの?」
「そもそも向いている人と向いてない人は?」

このようにインフルエンサーになりたいと思っている人は多いのではないでしょうか?今回は、そんな方々のために実際にインフルエンサーとして活動している方の例をもとに、インフルエンサーになるためのステップと実際に向いている人と向いていない人について説明していきます。これであなたもインフルエンサーになるための第一歩を踏み出すことができるでしょう。

目次
1.インフルエンサーになるための6ステップ
 1-1.自分のことを棚卸しする
 1-2.発信するテーマを設定する
 1-3.テーマに合ったSNSを選定する
 1-4.ニーズがあり、かつ独自性のあるコンテンツを発信する
 1-5.プロモーションを試行錯誤する
 1-6.とにかく継続する
2.向いている人の特徴
3.向いていない人の特徴
4.まとめ

1.インフルエンサーになるための6ステップ

この項目では、インフルエンサーになるためのステップについて、説明していきます。

(1)自分のことを棚卸しする

まずは自分のことを棚卸ししましょう。どのようなテーマで発信するかを考えるにあたって、自分の得意分野、興味関心、持続できそうなことを知らないといけません。普段の生活の中で、自分のことを時間をかけてしっかりと考えることは意外と多くありません。これを機にまずは自分に向き合っていきましょう。

(2)発信するテーマを設定する

自分のことが棚卸しできたら次は発信するテーマを設定しましょう。これは複数あっても構いません。映画やドラマをテーマとして挙げている方が、他にも旅行やカメラ、それ以外のことについても発信していることもあります。大事なのは、そのテーマに対して向き合うことができるか、自分らしさを出せるか、そこにニーズがあるか、です。ひとまずはそれらを抑えておけばあとで微修正はできるので、そこをしっかりと抑えながら発信するテーマを設定しましょう。

(3)テーマに合ったSNSを選定する

テーマを設定したら、それに合ったSNSを選定していきます。これが意外と重要です。SNSによって、用途や流行りが異なっているからです。例えば、ビジネスのことを軸にしたければ、Instagramを使うよりはTwitterやnoteの方がよいですし、写真を中心にしたいならInstagramの方がよいでしょう。もちろん、一つのSNSに絞らずに複数を同時に運用していくのも効果的です。

(4)ニーズがあり、かつ独自性のあるコンテンツを発信する

さあ、いよいよコンテンツを発信していきます。ここからが勝負といったところでしょうか。ポイントはニーズがあり、かつ独自性のあるコンテンツを発信することです。ニーズがなければ独りよがりの発信になりますし、独自性がなければ同じテーマで発信しているすでに有名な方との差別化をはかれずそちらの方にユーザーが流れてしまいます。大きくは文章、写真、絵のいずれかにわかれることになりますが、その中で一番自分らしさを出せ、かつテーマに合わせて発信しやすいものを選びましょう。例えば「映画×文章」「旅行×写真」「料理×写真」のような感じです。

(5)プロモーションを試行錯誤する

では次にプロモーションについてです。どれだけよいコンテンツを発信していたとしても、それがたくさんの方に見られるようにならなければ、当然インフルエンサーになることはできません。特にフォロワーが少ないときには、自然流入で見てくれる人が少ないため、SNSに合わせてまずはより多くの人が見てくれるようにプロモーションについて試行錯誤していきましょう。

(6)とにかく継続する

全てができたらあとはとにかく継続していきましょう。すぐに結果が出てPVが伸びたり、フォロワーが増えることはそんなにありません。とにかく試行錯誤しながら継続し続けることが大事です。仕事の合間でも仕事終わりでも休みの日だけでもよいので、発信を継続し続けましょう。

2.向いている人の特徴

続いて向いている人の特徴について説明していきます。ステップで説明したことが必要になってくるため、「持続性のある人」「独創性のある人」「流行りに敏感な人」「ニーズを捉える力がある人」「細かくこだわり抜ける人」が、インフルエンサーに向いていると思います。

3.向いていない人の特徴

続いて向いていない人の特徴について説明していきます。向いている人の特徴の逆となるため、「飽きっぽい人(続けられない人)」「(発信において)周りに流されやすい人」「流行りや敏感に興味がなさすぎる人」「ユーザーのことを考えられない人」「物事に対して適当に取り組む人」は、インフルエンサーには向いていないと思います。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はインフルエンサーになるためのステップとインフルエンサーに向いている人、向いていない人を説明してきました。
とにもかくにも、まずは何かを始めないと何も起こりません。インフルエンサーになるために、できることからすぐに始めていきましょう!

関連記事一覧