• HOME
  • HOME
  • BLOG
  • インフルエンサーとして長く活躍していくために必要な4つのポイント

インフルエンサーとして長く活躍していくために必要な4つのポイント

BLOG

インフルエンサーを目指している方、もしくはインフルエンサーとして活動している方は、できるだけ長くインフルエンサーとして活躍していきたいと考えているのではないでしょうか?今回は、インフルエンサーとして長く活躍していくために必要になってくる4つのポイントについてお伝えします。これを読み、あなたもインフルエンサーとして長い間活躍していけるようになれれば幸いです。

■目次

  • インフルエンサーとして長く活躍していくために必要な4つのポイント
  • 自分をしっかりとブランディングする
  • できるだけポジティブな発信を心がける
  • 企業と共創していくパートナーシップを大事にする
  • ファン(フォロワー)を大事にする
  • これだけは絶対NG
  • 報告なしで締切を守らない
  • すり合わせなく自分の思いのままに仕事を進めてしまう
  • まとめ
  • 早速、インフルエンサーとして長く活躍していくために必要な4つのポイントを順に説明していきます。

    1.自分をしっかりとブランディングする

    まずは自分のことをしっかりとブランディングしていきましょう。自分の得意な領域、強みとなる領域を徹底的に考えて、それを人から認知してもらうことが大事です。

    これは何も一つに限らなくても大丈夫です。例えば写真が得意だったら、写真だけだと差別化が図りにくいため、そこに自然や温泉などのニッチな強みを取り入れることで、自分をブランディングしていくのもよいでしょう。考えるのが難しいときは、自分の好きなこと、熱を入れられることから探してみるとよいです。

    2.できるだけポジティブな発信を心がける

    続いて、ポジティブな発信を心がけていきましょう。昨今ではSNS上で炎上などで盛り上がって一躍有名人になるような方もいらっしゃいますが、有名になったとしても長続きしない可能性が高いです。炎上商法ですとどうしてもイメージが悪く写ってしまい、企業側が依頼をするときに選ばなくなってしまいます。
    ポジティブな発信によってファンを集めているインフルエンサーは、商品のPR等をしても違和感がなく、ファンの方もその人が勧めているなら買おうと思ってもらえる確率も高くなります。ファンもインフルエンサーの発信をポジティブに受け取るようになるためです。そうなると、企業側も安心して依頼することができ、それが結果的に長続きすることに繋がっていくでしょう。

    3.企業と共創していくパートナーシップを大事にする

    取引する企業と共創していくパートナーシップを大事にしましょう。インフルエンサーはファンコミュニティを運営しない限りは、大半は企業側からのPR依頼等で生計を立てることになります。インフルエンサーの数も増えてきている中で、お仕事を依頼してくださるクライアントとの関係をしっかりと作ることが大事です。仮にフォロワーの数が他のインフルエンサーと比較して少なかった場合でも、クライアントの商品等のPRについて真剣に悩み、一緒に考えて進んでくれる人には、クライアント側も再度依頼をしたいと思ってくれるはずです。
    お仕事をくださることを当たり前と思わずに、感謝しながら最大限できることを探し、貢献していく姿勢を持ちましょう。

    4.ファン(フォロワー)を大事にする

    インフルエンサーはファンがいてくださらないと成り立ちません。ファンを大事にすることは大事です。とは言え、一つ一つのコメントやメッセージに対応することは時間的にも余裕がなく、難しいと思います。ですから投稿内容や提供するコンテンツについては、フォロワーの方が本当に望んでいるかどうか、喜んでくれるかどうかを軸に、試行錯誤していくとよいでしょう。その思いはしっかりとファンの皆さんに届くはずです。間違ってもフォロワーの方々を煽ったりするのはやめましょう。

    これだけは絶対NG

    続いてインフルエンサーとしてこれだけは絶対NGであることを説明していきます。

    報告なしで締切を守らない

    これは社会人全体で言えることですが、個人で活動していると会社が責任を取ってくれるわけでもなく、全てが自分の責任になるため、絶対に報告なしで締切を守らないことはないようにしましょう。そのクライアントからはもちろんですが、横のつながりで他の会社にまで伝わってしまうと芋づる式に信用をなくすことになります。本当に気をつけましょう。

    すり合わせなく自分の思いのままに仕事を進めてしまう

    これもやめておきましょう。特にインフルエンサーは自らの発信にある程度自信がある方も多いと思うので、十分なすり合わせなく自分の思いのままに仕事を進めるなんてことも多くあるのではないでしょうか。成果物がたまたまクライアントのニーズに合致していたらよいのですが、全く検討外れな成果物を出してしまい、また1からやり直しなんてこともあります。何より仕事の進め方が雑な人とは一緒に仕事をしたいと思う人はいません。経験が浅いときは特に、クライアントとのすり合わせを入念に行いましょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。インフルエンサーとして長く活躍していくためには、クライアントとファン(フォロワー)の方への思いやりが大事です。普段から感謝を忘れずに接していれば、クライアントからもファンからも求められ、どんどん人気が上がり、長く活躍していけるインフルエンサーになれるでしょう。

    関連記事一覧